Jリーグ観戦のマナーとルール【スタジアムに持ち込めないもの/禁止行為】

サッカーの観戦にもルールやマナーってあるの?

こういった疑問を解決します。

サッカー観戦に初めて行く人は、ぜひご覧ください。

Jリーグは、世界に誇れる安全で快適なスタジアム環境を確立できるよう目指していて、実際に女性や子どもだけで行っても安心してサッカーを観られます。

実は他の国では当たり前のことじゃありません。

Jリーグでは、すべての試合で全クラブ共通のルールとマナーを設け、スタジアムを訪れたファン・サポーター全員に理解と協力を呼びかけています。

これらを知り・守ることで、安全で楽しいサッカー観戦ができるようになります。

ファンがルールを守って、安全なリーグであることを世界にアピールできたらいいですね。

【Jリーグ共通】観戦マナー&ルール

Jリーグ公式サイトで公開されている観戦マナーとルールも元に紹介します。

スタジアムに持ち込めないもの&応援マナー

安全・安心を確保するため、スタジアムには持ち込めないものがあります。

スタジアムに持ち込めないもの
  • 花火、爆竹、発煙筒、ガスホーンなど
  • ビン、缶類 ※中身は入口で紙コップに移してから入場します
  • ペット ※盲導犬、聴導犬を除きます

入場口では手荷物検査を実施しています

出掛けるときや買い物をする際は気をつけましょう。

飲み物を買うときにビン、缶のものを買ってしまうと紙コップに入れ替えるハメになります。

応援マナー
  • 応援の横断幕や垂れ幕は、観戦や試合運営の邪魔にならないよう、決められた場所にとりつける
  • 差別的、侮辱的もしくは公序良俗に反する発言や行為を絶対にしない
  • 2階席、3階席の前方から身を乗り出して大きな旗を振ることは、大変危険なので禁止
  • ホイッスル(笛)や拡声器等のサイレンの使用は禁止
  • フィールドにものを投げ込まない
  • フィールドには絶対に入らない
  • 通路に荷物をおいたまま、また通路に立ち止まっての観戦・応援をしない
  • 観客席は禁煙 ※決められた場所で可
  • 周辺の公共機関の駐車場の利用はしない

試合運営やほかのお客さんの迷惑になることはやめてくださいってことですね。

Jリーグがこれらの内容をまとめた動画を出しているので、子どもたちには動画がわかりやすいかも。

JFA・Jリーグ観戦マナー&ルール

※約1分の動画です

その他の禁止行為

  • 正当なチケット又は通行証を持たずに入場する
  • 集会、デモ等
  • 勧誘、演説、集会、布教等
  • 商行為、寄付金の募集、広告物の掲示等
  • 営利目的で競技、式典、観客等の写真撮影またはビデオ撮影をする
  • 大会の音声、映像をインターネットなどを通じて配信する
  • 酩酊状態で施設に入場する、酩酊して試合運営や他人の行為等を阻害する

違反するとどうなるの?

違反行為が行われた場合には、Jリーグの試合運営管理規程に基づいて、退場や入場禁止の処分になる場合があります。また、クラブ側が制裁金(数百万円)などの処分を受けることもあります。

観戦時に気をつけたいこと【禁止行為ではない】

Jリーグが禁止している行為ではありませんが、気をつけたいことがいくつかあります。周りの人に迷惑をかけないために注意しましょう。

傘(日傘)をさす

試合は雨の日でも行われます。スタジアムに屋根がないところも多く、屋根があっても濡れてしまうことがほとんどです。

観客席はわりとコンパクトなので、となりの人に傘をさされると、あたったりして痛い思いをします。

傘をさすときは周りに注意しましょう。

雨の日はレインコートやポンチョを着るのがオススメです。

自由席で過度な席取りをしないように

特に混雑する試合では席詰めが必要になってきます。過度な席取りはやめて席詰めに協力しましょう。

食べ物・飲み物をこぼさないよう注意

他の人の持ち物や衣服を汚してしまうと大変な迷惑をかけます。大きなトラブルにつながりかねません。もしこぼしてしまったらしっかりと謝って、すぐにふき取るようにしましょう。

子どもがちょこちょこ動き回る

落ち着きがない子供にありがちです。常にうろちょろされると周りの人が気になるかもしれません。

小さな子どもと一緒に観る人は注意しましょう。

大声で話し続ける

映画館のように黙って観る必要はありませんが、大声で・大人数でずっとゲラゲラ笑っていたりするのは周りの人には迷惑かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サッカーのルールやマナーと言っても一般的な常識で考えればわかることばかりですよね。

あなたが安全で楽しくサッカー観戦をするためにも、今回紹介したルール・マナーを守りましょう。