失敗しないサッカー観戦の服装【ポイントは3つだけ/季節に合わせて準備】

こんにちは、Noboです。
寒い日も暑い日も、晴れの日も雨の日もサッカー観戦に出かけています。

ぼくが初めてサッカー観戦に行った日、どんな服装がいいのかめっちゃ迷ったのを覚えています。サッカー観戦が初めての人はみんなそうじゃないかな?

Nobo(当時)
Nobo(当時)

試合の日ってどんな服を着ていけばいい?

友達
友達

特に決まりはないからなんでもいいよ!

たしかにその通りなんですけど、気をつけたほうがいいポイントは存在します。

今回はサッカー観戦の服装で気をつけることを3つ紹介します。
季節ごとの服装についても一緒に解説します。

①:スカートは避けたほうがいい

スカートは避けた方がいいでしょう。

スタジアムは立ったり座ったりを繰り返しますし、階段の昇り降りも多いです。
また、風も吹くのでアクシデントや他人からの視線も気になるので避けたほうが無難です。

②:動きやすい靴を履こう!

スタジアムへ駅から徒歩で向かったり、スタジアム周りで開催されるイベントやスタジアムグルメを楽しむときは割と歩くことが多いです。

坂道や階段を通ることも多いので、歩きやすい靴で出かけましょう。
ヒールのある靴やサンダルは避けたほうがいいです。

③:対戦相手のクラブカラーに気をつけよう!

実はサッカークラブには自分たちのクラブカラーがあるんです。
(赤、青、黄、緑、オレンジ・・・)

サポーターはクラブカラーの服を身に着けて応援することが多いです。

こんな感じ。

ホーム側の席では相手クラブの色の服は避けるようにしましょう。

こんな雰囲気のところに相手クラブカラーの服は着ていきづらいですよね?
周りの人から冷たい視線を集めることになります。
最悪トラブルになるケースも。

※クラブによっては席種によって相手クラブカラーの服を身に着けている人をお断りしています

出かける前に相手クラブカラーをチェックしておくことが大切です。

【夏のサッカー観戦】服装で気をつけるポイント

夏のサッカー観戦はとにかく暑い!
スタジアムでは屋根がないところもあります。

試合の時間は夕方~夜になることが多いですが、たくさんのお客さんと応援の熱気と相まってかなり暑くなります。

  1. 通気性の良い素材を選ぶ
  2. 熱中症・紫外線対策で帽子やサングラスを着用する
  3. 冷感グッズを身に着ける

このあたりがポイントです。

【冬のサッカー観戦】服装で気をつけるポイント

逆に冬はかなり寒くなり、雪が降る可能性もあります。
冬の屋外でじっと座っていることをイメージして準備しましょう。

  1.  ヒートテックの肌着や厚手の服を着る
  2. 上着はナイロン製などの風を通しにくい素材を選ぶ
  3. マフラーなどを用意して首元を温める
  4. 上着はお尻まで隠れる長いものを用意するのもアリ
  5. ブーツやレッグウォーマーなどを履いて足元を暖かくする
  6. 手袋や耳あてを用意する

このあたりがポイントです。

【春秋のサッカー観戦】服装で気をつけるポイント

春秋は寒暖の差がある季節です。
日中は暖かいものの、夕方は冷え込むケースも多いです。

この季節では、体温調節ができる服選びがポイントです。

「暑ければ脱ぐ、寒ければ着る」ことができるように準備すると良いでしょう。

応援するクラブのグッズを身に着けるとベスト!

各クラブでは応援グッズを販売しています。

ユニフォームやタオルマフラーをはじめ、オシャレなTシャツや上着など普段着としても使えるデザイン性の高いものも増えてきました。

応援グッズを買っておくと服装選びに困らないメリットもあります。

応援にも熱が入ること間違いなしです!